桜ひで丸’s blog

音楽とかアクアリウムとかITとか

第1水槽の抱卵が始まった

 相次ぐエビのポツポツ死で終末感のあった第1水槽で久々に抱卵が確認された。

そのご数日たって、複数個体が続けて抱卵。

結局何が原因だったのか分からないが、低床の汚れだったのかなあ。

 

水替えとは、有機物の排出と覚えたり

BOSIKEの怪しい試験紙でこまめに硝酸塩濃度を測っているが、立ち上げ以来検出されたことがない。

餌もたいしてあげていないウチの水槽の場合、水替えの量とか頻度はあまり問題ではないのかもしれない。

寧ろ、エビたちの環境変化の苦手さを考慮し、「いかに少ない排水量で沢山の低床汚れを吸い出すか」を最近は考えている。30cmキューブでエビを飼っていると結構な勢いで汚泥が底にたまる。これがダメな気がする。